こういうウィン・ウィンって、なぞいいですよね、ええ

私の勤め先にある同士でだいたい会合も離れているし、担当している職も違うので、自社では表情があったら、コクッとやるくらいな第三者で、ことと向かって対談をしたことは乏しい第三者がいる。歳は向こうのほうが20程度前述だ。ことと向かって話したことがないので、苗字しか知らず、流石、旦那が結婚しているのかしていないのかも知らないし、何も知りません。ところで、弊社はサイドワークをしていいのか知りませんが、ほぼ公務員じゃないし、陰ながらやる第三者はいらっしゃるんじゃないですかね。見つかっても何か手入れをするような匂いの会社ではないし、堅い職でもないしなので、自分は食堂で見解をしています。そしてとある真夜中、自分が注文をとりに行くと、先の旦那がダディーと座ってました。匂いからして慣れきった恋人という感じで夫婦の雰囲気ではなかったですね。自分と旦那は目が合っても、何事もなく伝達を終えました。只、食品を運んですときも、何も離さず丸ごとでした。会社で、目が合いました。特別たえずどうしてり、コクッとだ。自分は分かってましたが旦那も必要分かったと思います。お互い、食堂で2秒ぐらい目が当てはまる通りでしたから。でも、こちらはサイドワークをやる、先方は見られてしまったというお互いのこういう匂い。なんか無言でWinWinですねみたいで、やけに面白いだ。今でも未だに対談はしませんが、昔話すお日様が現れるのでしょうか。今までと違って目が合ったらちょっぴり長く合わしてますね。http://www.njsandyclaim.net/