認知症を治す薬を作るのはやはり難しいのか

アメリカの大手製薬会社が認知症の特効薬の開発を次々に断念しているようです。

このご時世、どこでも高齢者は増える一方ということで、仮に認知症薬を開発できたら莫大な利益が上がるのですが、それでも開発を諦めるということは相当苦戦していることが伺えます。どうやら開発費には莫大な費用がかかっているらしく、その割にはあまり進展が見られないと袋小路になっている様子。結局諦めて別の薬の開発にリソースを回すというような流れになっています。

年齢を経るとどうしても物忘れが激しくなってきます。もし「自分が認知症になったらどうしよう」という悩みから解放されたら良かったのですが、この流れは非常に残念に思います。

認知症という病気は患者だけではなく、周囲にも多大な迷惑と負担をかける病気です。もしこれが治療に成功すれば、社会保障も含めた経済的損失をかなり防げるのではないかと。他にも特効薬が欲しい病気はたくさんありますが、認知症も優先的に特効薬を開発して欲しい病気の一つですね。キャッシング 利息 比較