優れた原作の映画化は原作をこえられることがあるのだろうか

今ハマっている本。貴志祐介著の『悪の教典』。今頃?と思うかもしれないけれど、いい本はいつ読んだって面白いから大丈夫。かくいう私、貴志さんの小説の大ファンで『悪の教典』は絶対いつか読もうと思ってたので、映画もまだ見ていません。で、読み初めてやっぱり先に映画見なくてよかったなと思う。一通り映画で見てこんなもんかと思う→原作読まず本当の物語の面白さ分からずじまいっていうのがいやなんで。原作が面白いから映画化されるのであって、私の経験上原作を読んだ面白さを超える映画ってまずない。お目にかかったことがないだけかもしれないけど、やはり原作ありきなんだと思う。それで昨日ちょうど『クリーピー』ってこちらは前川裕さん原作の映画を見たんだけど、かなり残念でした。原作が面白かっただけに。もう中盤からはまったくのオリジナル作品見てると思うくらいストーリー違うし。『クリーピー』は本当上品なミステリーで、グロテスクなシーンにさえインテリジェンスを感じさせるような作品なのに、映画はまったく違ってた。だけど原作を読んでない人が見たらこういう作品だと思ってしまうわけで。やっぱり私は原作→映画派ですね。映画になるような面白い小説ならなおさら。アリシアクリニック 口コミ