このところわたしの夢に登場する昔好きだった彼のはなし

最近わたしの夢にでてくる男の子がいます。それは、小、中学校のころに好きだった男の子です。その子と教室でとても楽しそうに話していたり、一緒に下校したりしている自分がいる夢をよく見るんです。特に、その男の子に会いたいとか、今でも好きとかそんなこと日中に考えた事もないのですが、なぜだかこのところその男の子が登場するのです。不思議だなと思いますが、いつもその夢を見た朝はなんだか淡い気持ちで目が覚めます。怖い夢をみるよりよっぽどいいのでその男の子との夢はなんだか居心地がいい朝です。大人になった今、道端でばったり会いたいとか、同窓会で会ったらドキドキするとかそんな感情抱いてはいませんが懐かしい大事な思い出だなとは思います。ちなみに私にも現在、娘がいるのですが思春期になったら淡い恋をしてほしいなと思います。こんな気持ちで大人になっても、目覚めさせてくれる、「恋」ってやっぱりなんだかいいものだなと思います。

昨日は冬至でしたが冬至っぽいほっこりしたエピソードがありました

昨日(12月21日)は冬至で1年で日がもっとも短い日でした。早く日が暮れてしまうのでお昼過ぎの温かい時間にちょっと散歩がてらにお出かけをしてきました。私の最近のお気に入りは八百屋さんめぐりです。とくに今年は台風や気候の変化によって野菜があまり採れなくてスーパーなどに行くとちょっとお野菜が高い感じがします。そこで私は時間があるときに自分の住んでいる町にある小さな八百屋さんを何軒を見て回るようにしています。昨日、お散歩のついでに立ち寄った八百屋さんではいつも買う里芋の煮っ転がしが売り切れていて買えなかったので何も買わないで帰ろうかとも思ったのですが何か買わないと夕食のおかずがなくて困ってしまうなと思い、何度もお店の中をぐるぐる歩いて回ったのですが形が悪くて食用には適さないような黒ずんだ柚子が2個パックに入って54円だったのでそれを買って柚子のお風呂にしてみようと思い買いました。レジのおばあさんが今日は柚子湯ですか?と話しかけてくれたのでとてもほっこりした気分で良い日になったと思います。http://www.dotpw.co/